ばじりこさんより情報頂きました。ありがとうございます。
一泊キャンプには欠かすことができないアイテムといえば、ランタンです。 不慣れなキャンプ場では、つまずいて怪我をしたり、迷子になってしまったりと普段ではありえないことが起きます。 そのためにも足元やテント周りを照らす明るいライトが必要です。

コンパクト、軽量、安心 LEDランタンがおすすめ

色々あるライトの中でも特にオススメなのがコールマンLEDキャンプサイトランタンです。サブとしてもメインとしても利用できます。サイズは約15×約15×約29cmでコンパクト仕様です。そのため持ち運びも簡単です。重量は約980gと軽いため女性でもお子様でも持つことができます。ガスとは違い蹴飛ばしても火事にならないのも電池のいいところです。

点灯時間が長く防水性能が優れているのでキャンプに最適

アルカリ単一形乾電池を6本使用し、連続点灯時間はHighで約14時間、Mediumで約68時間、Lowで約148時間と長持ちします。そのため余裕で一晩点けていても切れることはありません。さらに防水性能が優れており、雨や水しぶき程度の環境には耐えることができます。LED電球のため球切れなどはほとんどなく長持ちします。頻繁に球を変える必要もありません。

リフレクターが付いているので効率良く照らす事ができる

このランタンの一番の特徴としては、サイト全体を1000ルーメンの灯りで照らすことができるリフレクターが付いていることです。リフレクターとはランタン後部を照らす光を、鏡に反射させて前方の光へとするものです。 そのためLowでも十分灯りを確保することができ、さらにサイト全体を照らすことができるため、夜の暗い時間帯でも足場が確認でき安心、安全にテント周辺を移動することができます。

その他の使い方としては、ランタンスタンドへ吊るすこともできます。その場合でもリフレクターを使用することが可能です。取っ手には凹凸があるため、ランタンスタンドのフックをそこに合わせることで、風などが吹いても揺れることはなく安定して利用することができます。電球とは違うため、虫もよりにくく快適なキャンプをすることができます。ぜひ、LEDランタンで楽しい時間をすごしてください。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事